MENU

乳首の痒みと乾燥の関係

乳首 痒み 乾燥

 

乳首が痒くなる原因には様々なことが挙げられます。
そのひとつが乾燥です。

 

肌の水分は潤いを与えているだけではなく、肌を外部刺激から守る役割も果たしています。
そのため、それが失われ肌が乾くと、肌は些細な刺激に対しても敏感になりやすくなります。

 

乳首は元々、皮膚が薄く敏感な部位です。
そのため、そこが乾くことでより刺激に対して敏感になり、痒みが発生することが考えられます。

 

では、どうしてこのような状態が招かれるのかと言うと、その原因も様々考えられます。

 

たとえばその人の体質、生理前後などの女性ホルモンの分泌バランスの乱れ、それによる皮脂の過剰分泌などが代表的な原因としては考えられます。

 

更に胸元周辺は汗をかきやすい部位ですから、その汗によってかぶれが発生して、それが炎症につながることでこうなる場合もあります。

 

また合わない下着などを着用していることで圧迫、擦れが起き、それがこの状態を引き起こすことも考えられます。

 

乳首の痒みは、そのまま放置しておくと肌状態の悪化につながる恐れがあります。

 

更に痒みを紛らわせるために掻くことで、それが物理的なダメージとなり、メラニン色素の分泌が促されることで黒ずみが発生することもあるので、早めに対策をとること(乳首 ピンク 方法)が重要です。

乳首の痒みの原因、乾燥への対策

乳首 痒み 乾燥

 

乾燥を予防するためには、まずそれが女性ホルモンの分泌バランスの乱れである場合には、それを整えることが効果的です。
生理前後などに乳首が痒くなると言う方は、ここに該当するかと思われます。

 

この場合、女性ホルモンと似た構造をしている大豆食品を摂取したり、サプリメントを使用することがおすすめです。

 

次に皮脂の過剰分泌などによって乾いている場合です。

 

この場合、むしろ皮脂が足りていないから皮脂が過剰に分泌されていると言うことも考えられます。
そのため化粧水などで潤いを与えるのは勿論のこと、乳首専用のオイル製品やクリームなどを使用して、油性の潤いを与えることも必要です。

 

汗が原因でかぶれが発生している場合は、まずはそれを治すことが先決です。
場合によっては皮膚科にかかることも必要です。

 

その上で、できるだけこまめに汗を拭くようにする、通気性の良い下着の着用が効果的です。
合わない下着は良くないので、必ずサイズを計測したうえで購入して下さい。

 

また胸のサイズも、年齢や体調などに合わせて微妙ながら、しかし確実に変化していくものです。

 

ですから定期的にサイズ計測、買い替えを行うのも大切なことです。

 

ただし汗をかいたからと言って洗い過ぎは厳禁です。
むしろ乾燥が悪化する恐れもあるので、石鹸などを良く泡立てて、その泡でやさくし包み込むようにして洗うことを心がけて下さい。